大山犬祭り

大山犬祭り

file平成28年6月5日(日) 大山犬まつりスケジュール交通規制チラシPDF

画像の説明

 椙尾神社の例大祭として、300年以上もの昔から続いている。お祭りのくねり(行列)と前後して始まったといわれる豪華な「からぐり山車」が繰り出すことで有名。かつて「からぐり山車」は、台座の上に枝振りの良い木を立てて、枝の上へ上へと15~6m位の高さに制作し、山車が遥か鶴岡の城下からも見えたとか。
*現在の「からぐり山車」は、電線、交通機関の関係で、5.15m.の高さです。

椙尾神社

画像の説明

 明確な創建年代についての記録はない。
祭神は、当初は積羽八重事代主命と天津羽々命を祀っていたが、中古になり、竜田彦大神・竜田姫大神を勧請、その後、武藤氏がこの出羽国の地頭となってから大物忌大神と月山大神を勧請し、合計六注の大神を祀っている。主祭神の事代主命は国土開発、酒造、漁業の神とされている。
 大山城主下次右エ門実秀より寄進された参道入口の前後に控え柱のある石鳥居は、通称四足鳥居は芸術的価値も高く、県有形文化財となっている。

めっけ犬伝説

画像の説明

 昔むかし、椙尾神社の裏山に化け物がおりました。毎年お祭りの日には、美しい娘を人身御供として差し上げなければ田畑を荒らすので、不作に苦しまねばなりませんでした。
 ある年、大山を通りかかった一人の六部(修験者)がこのことを聞いて、お祭りの夜、人が居なくなってから一人椙尾神社の天井に隠れて見ていると、二人の大入道が現れ、舌をなめずりながら「丹波の国のめっけ犬にこのことを聞かせるな」と繰り返しながら娘を二つにし、頭の方を東の坊、足の方を西の坊が持って「また来年の今日お目にかかろう」といいながら暗闇の中に姿をけしました。これを見ていた六部は、丹波の国へ行き、「めっけ犬」を探し出し、大山に帰ってきました。
 お祭りの日、六部は娘の代わり「めっけ犬」をかごに乗せ、いつもの通りお宮に供えました。やがて夜中になって現れた二つの大入道は、かごの戸を開け娘を出そうとすると「めっけ犬」は一声高くほえ化け物にとびかかり、とうとう化け物をかみ殺しましたが、自分も血に染まって倒れてしまいました。
 以来、化け物を退治しためっけ犬は椙尾神社のお前立となり、毎年この伝説をなぞらえて人身御供をかたどった「仮女房」と「犬ひき」を交えた行列が町を練り歩き、犬祭りというようになった。

大祓式

画像の説明

 水無月の大祓いといわれ、人々の罪穢れを祓い除く祭。
この日の夜に松明行列が行われる。






大山犬祭り 酒蔵の町大山を楽しむ」駅からハイキング 2016年

今年はお祭りをJR東日本「駅からハイキング」で東北公益文科大学の学生ガイドが羽前大山駅から町中を案内してくれます。

大山駅→旧鶴岡警察署大山分署→新民館→大山犬祭り本部・犬まつり見学→松倉山馬頭観音→出羽の雪酒造資料館→つけもの処(株)本長→羽前大山駅と約5キロを歩いて見学します。
学生ガイドをしてくれる「酒田おもてなし隊」のメンバーは今年の大山新酒・酒蔵まつりでもお手伝いしていただきました。
「駅からハイキング」はJR東日本のホームページより予約が必要です。
5月2日から受付開始で、定員50名になり次第終了となります。

【駅からハイキング】酒蔵の町大山を歩いてみませんか

■今年のおまつりは日曜日!JR東日本〔学生駅ハイ〕大山犬祭り 酒蔵の町大山を楽しむイベントが開催されます。「大山犬祭り」を東北公益文科大学学生「酒田おもてなし隊」の学生ガイドがご案内します。
【駅からハイキングコース№1116028】

平成28年6月5日(日)大山犬祭りスケジュール・交通規制チラシ
平成28年6月5日(日)大山犬祭りスケジュール・交通規制チラシ
お願い 公共交通機関をご利用して飲酒運転は絶対にしないでください!

お問い合わせ先
大山観光協会事務局 大山コミュニティセンター ℡0235-33-3214
出羽商工会 大山支所 ℡0235-33-2117

平成27年 大山犬祭りの様子>>